カジノ好きが仮想通貨にハマった理由

私が仮想通貨にハマった理由を紹介しましょう。

そもそも、私が何者かなのですが、ニックネームの通り所謂「社畜」です。その辺にいるサラリーマンとなんら変わりのないごく一般的な人物です。

一応、有名大学出身で、それなりに就職活動も頑張ったので、誰も知っているであろう大手企業に就職することができました。年収も同年代の平均年収の倍程度はもらっており、一般的なサラリーマンの中では、俗に言う勝ち組だと自分では思っていました。当時は、「社畜」なんて言葉は自分とは無縁だと思ってたw

子供はいませんが、妻はおり、家庭円満。唯一、これまでのプロフィールとは裏腹に趣味は変わっていてギャンブルです。年に2,3回、多いときは6回ほどマカオに通い続けています。サラリマーンの中では年収は多い方ですが、それでも使える額は限度があります。-150万円〜+150万円くらいの幅でカジノを謳歌していました。気になる収支は、今のところトントン。カジノはハウスエッジと呼ばれる、カジノ側の利幅があり、理論上は勝てないものなのですが、私程度の少ない試行回数の中では、ハウスエッジの分を跳ね返すくらいの運は持っているようです。恐らく、いつかはマイ転するだろうけど。

そんな私が、2017年12月にとある出会いをしたことをきっかけに、人生に大きな転機を迎えます。(破滅の始まりかw)

友人Mとの再会


さて、運命の再会です。

そのM(男)は、大学時代からの友人で、どちらかというと私の方が立場は上。大学の偏差値も、就職先も、Mが羨むような結果を残していました。現在の会社に入社後は、会社の同期と頻繁に交流するようになり、Mとは距離を置くようになっていました。

そんな中、ひょんなことからMとご飯を食べようということになりました。実に8年ぶりの会合です。お互いに一端の社会人になり、仕事の話をしていました。しかし、どうも様子がおかしい。なんだか立場が下だったはずのMが自信に満ち溢れている。まあ、余程仕事で活躍しているのかなと思っていた矢先、

「ねえ、仮想通貨って知ってる?」

そりゃあ知っていますとも。名前だけはwしかも、最近妙に上がっていて、頭の湧いた集団が過剰に利益を得ているとかなんとか。当時の私にしてみれば、カジノ一筋ですから、仮想通貨なんぞにくれてやる金はないので、一切興味はありませんでした。

しかし、ここから一気に展開が変わってきます。私の人生と共に・・・

億り人発見

さて、仮想通貨の話をふりながら、おもむろにMが見せてきたのはスマホの画面。そこには、2,000万円の文字が。(コインチェックでした)

「え?何これマジ??」

大マジでした。それはNEMの保有資産額でした。つまり、MはコインチェックのNEMだけで2,000万円の資産を持っていたのです。しかもそれだけではありません。今でこそ有名になりましたが、ADKで6,000万円、BTCで1,200万円、XRPで3,000万円と保有していました。そう、超身近に億り人を目の当たりにしたのです。しかも、あのMが、、、

つまり、Mの妙な自信は仮想通貨で億ったことによるものから来ているのです。そこからは、Mの生活を聞きましたが、何をするにもVIPレベルのサービスを受けるようになっていて、会社からの年収では私が上にも関わらず、生活水準は途方も無い差をつけられていました。

会社の年収では貯蓄のしようがないほどの額を既に手にしているのですから、既に退職する方向で考えているとのこと。今後は、ベンチャー投資なんかに興味があるとかなんとか。たしかに、大学生の頃に夢を語っていた時は、「投資家になりたい!」とか言っていました。まさか、本当に夢を叶えるのかと驚きました。

その場は、何とか平常心でやり過ごしましたが、内心は悔しくて悔しくてwカジノで200万買ったぜ〜とか、自慢していた自分がアホみたいに思えてきました。そこで、決意しました。

俺も億ろう(←バカ)

仮想通貨に参入!ただの出川組w

ここからは、ギャンブラーの血が騒ぎ、猛烈な勢いで仮想通貨について調べ倒します。Mが言っていた単語を全て調べ、どういう意味なのかを理解しました。そして、仮想通貨の市場がどうなっているかを把握するために、使ったこともないTwitterアカウントを作成して、界隈の人たちのツイートをロムりまくりました。

ここで失敗だったのは、私が仮想通貨を調べている期間に、ボラティリティの大きい仮想通貨は見る間に価格を上昇し、今でこそ伝説となっている200万円超えを達成していました。焦って口座開設しようにも、当時は口座開設希望者が多すぎて、取引所のレスが異常に遅い。業を煮やして、世界中の取引所に申請でもすれば良かったのですが、変に慎重なところもある私は、coincheck(コインチェック)、BitFlyer(ビットフライヤー)、Zaif(ザイフ)と順々に申請を出していき、開設するまでの間に、絶頂期を逸するという愚行をしました。

当時は、どうせまだ上がるんだろ?と思っていました。そりゃそうです。暴落を経験していないのですから。今でこそ、数千万円のロスをしたことは認識できるのですが、当時は遅れたことをそこまで悲観もせずに、口座開設を終え、やっとこさ通貨の購入を開始しました。

今の自分からすれば、行動の遅い当時の自分を100発はぶん殴ってやりたいw

いよいよ仮想通貨を購入

さて、いよいよ購入です。
仮想通貨が無限に価格上昇すると勝手に思っている私は、特にタイミングも気にせずに、至極適当に通貨を購入しました笑。

最初に購入したのは当然BTC(ビットコイン)。

資金は貯金の450万円です。もしかしたら、いきなりそんな大金を!と思う人も多いかもしれませんが、カジノで数百万の勝負をしていたのと、身近な億り人Mへの対抗心からです。正直、500万円でも足りないと思っていたくらいです。だって、20倍銘柄を掴まないと億らないんですよ?100万円投資なら100倍銘柄ですよ?投資額は大きければ大きいほど億に近づく。

そんな素晴らしい養分脳で参入しましたw

今思えば、500万円を20倍にするなんて正気か?というレベルですが、当時の絶頂期を経験した方であれば、その感覚をなんとなく分かってもらえるのではないでしょうか。暴落後の今では、まずありえない話ですがw

まずは、BTC(ビットコイン)の半分を使って、XRP(リップル)を購入。完全にMの受け売りでしかないので、「送金詰まりを起こしているBTC(ビットコイン)はだめだ!」と言っていたことをそのまんま参考にしましたw

そして、自分でも無駄に大胆だったなと思うのですが、いきなり草コインを漁りはじましたw当時の自分の思考回路は、完全に億り人狙い。市場は熱気に溢れていましたが、BTC(ビットコイン)を筆頭に、メジャーなアルトコイン(XRP、NEM、BCHなど)は、2〜3倍はあれど、数十倍はさすがに厳しいと思っていたので、大化けする可能性のある草コインをチョイスしました。

これはこれで、億り人狙いであれば今でも間違ってはいないと思うのですが、考えた結論が草コインを購入するというのも我ながらいかれているなとw投資額的に億り人はまず無理で、もっと低い基準を目指せばよかった。

全ては、Mへの対抗心から私の運命が歪み始めましたwww

最初は絶好調。その後、大暴落に・・・

本当にしょうもない出川組ではありますが、それでも仮想通貨のバブルの尻尾くらいは掴んでいたようです。私の500万円の資産は、700万円ほどまで増えていました。

当時の私の心境としては、、、

仮想通貨楽勝すぎwwwもう会社辞めようかなw

真剣にそう思っていました。今思えば、本当に頭の湧いた奴にしか。。でも、当時のTwitterでは完全にそんな雰囲気でした。みんな爆益が出まくり、古参は当然として、参加して数ヶ月にで億っている人もいました。バブルって皆をそんな心境にさせるのですから、本当にすごい力があります。

しかし、しかし、、、、

ここからまさに「阿鼻叫喚」の大暴落が始まります。

一時200万円を超えていたBTC(ビットコイン)が何度かの暴落を起こし、120万円ほどまで下落してしまいました。

そして、草コイン比率の高い私は、一気に資産が半分以下に。普通のサラリーマンで200万円以上の損失は大事件です。

正直、飯が喉を通らなくなる時期も、、、というのはなくて、普通に元気いっぱいでしたww
こんな投資がド下手な私ではありますが、投資は投資。仮に全てなくなったとしても、それは自己責任であり、誰に迷惑をかけたわけでもないからオッケー。と割り切っていました。唯一、投資に向いていた部分なのかなと思います。カジノで鍛えた、大金を失う覚悟が、変なところで発揮されたようですw

というわけで、私は未だに仮想通貨市場から退場していません。負けたままで退場することはないです。唯一、仮想通貨自体が完全に無価値なものとなれば、それは終わりですが、そうでもない限りは、どんな大暴落が起ころうと、私は戦うつもりです。

私がこのブログを立ち上げた理由。それは、私のような人が多いと思っているから。仮想通貨界隈の情報収集はTwitterです。Twitterは、インフルエンサーや古参のお金持ちたちが跋扈しています。彼らを見ていると、出川組の自分はなんだか情けなくなるので、発言するのもはばかられるし、ましてや出川組であることなんて隠したい!って思ってしまいませんか?私は、完全にそう思っていました。

しかし、見方を変えると、たかが仮想通貨で成功しただけじゃないですか。運がよくて早めに参入できただけじゃないですか。こっちが、卑屈になるのはおかしいなと。私は、ギャンブル好きということもあり、エキサイティングな仮想通貨が大好きです。この業界が存在し続けて、古参も新参も関係なく、ボラティリティに熱狂していればそれで満足です。

今から、仮想通貨に参入しようと思っている方も、是非一緒にやりましょう。既に資産を半分以下にしている私が、こんな元気なんですから、これから参入する方はもっと楽しめますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。